FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラファエル会に勤務して感動したエピソード優秀作品3


「ラファエル会に勤務して感動したエピソード」の優秀作品の第3回目となります。

朗読y_R

今回は、城山薫風の生活支援員が体験したエピソードです。


----------------------------------------------------------------------


私は城山薫風の主に生活介護事業で、
ご利用者に対し生活介護を通して自立(社会)へ少しでも前進して頂けるようにと
日々支援業務をさせて頂いています。

支援していく中では、ご利用者に対して、
間違っている事ややってはいけない事を注意しなくてはいけない場面が時にはあります。

以前、ご利用者のS様(25)が同じくご利用者のM様(20)のちょっとした失敗(些細なこと)に対し、
強い口調で「何やっているんだよ。」と言ってしまう事がありました。

すぐにS様に
「Sさんは相手の立場を考えられる人だよね。同じこと言われたらSさんはどう思う?」
「Mさんだって出来なくても失敗しても頑張ってやっているんだよ。
その姿って凄いって思わない?俺は凄いことだと思うよ。」
といった言い方で伝えると、
後日からS様はM様の出来ない事や掃除の時間などにM様と一緒に行い、
M様ができない事や苦手の事を手伝ってくれる様になりました。

また、他のご利用者に対しての言葉づかいも優しくなり、
行動も思いやりが出てきました。

その影響なのかM様までも今まで出来なかった事が出来る様になってきました。

それまで城山薫風では、ご利用者とご利用者が助け合う姿があまり見られなかっただけに、
職員として心が温かくなりました。


後日の送迎サービスの際、M様のお母様は他のご利用者に迷惑をかけていないか心配をされていたので
「M様のネバーギブアップの姿を見て頑張る方もいらっしゃいます。また、先日…」と
先日の一件をお伝えるとお母様は駅前にも関わらず涙を流し喜んでくれました。


私はこの一件で、注意の仕方や伝え方一つでご利用者はこんなにも変わるんだと
改めて実感しました。
また、ご利用者のそういったお姿を見て私自身勉強させて頂きました。
この経験を、これからの支援に生かし、より良いご支援をさせて頂けたらと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

ラファエル会法人本部

Author:ラファエル会法人本部
神奈川県鎌倉市の社会福祉法人ラファエル会法人本部のブログです。
ラファエル会各施設の円滑な運営と地域への貢献を目標にしています。

社会福祉法人ラファエル会
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船4-18-6
宮地ビル
TEL:0467-47-3424
FAX:0467-47-3524

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。